低炭水化物ダイエットを長い期間していた反動で、ストレスが溜まって過食に走ってしまった

私は18歳の時に、低炭水化物ダイエットをしていました。低炭水化物ダイエットは、白米や玄米のご飯やパンやラーメンやうどんや冷や麦やそうめんや蕎麦などの麺類や、ケーキやクッキーやアイスクリームやゼリーやプリンや飴などの砂糖が入っているお菓子や、油が沢山含まれている揚げ物やスナック菓子や、脂身の多いお肉やお魚や砂糖が入っている調味料などの食品を制限するというダイエットでした。

私は毎日、野菜サラダや低脂肪で高タンパク質の鶏肉のささみやお豆腐やこんにゃくやところてんや、それからダイエット効果のあるグレープフルーツや大豆製品で出来ている低カロリーのアイスクリームや、色々な栄養素が含まれているクラッカーや低脂肪のヨーグルトやトマトジュースなどを食べたり飲んだりしていました。

食事制限しすぎると

野菜サラダや鶏肉のささみやお豆腐には、低カロリーのポン酢をかけたり塩をかけたりして食べていました。

私はそれまでの人生で1番食事制限をしていました。

低炭水化物ダイエットは半年くらいずっと続けていたので、一人暮らしをして自分の好きなように食べ物を食べることが出来るようになったことや、彼氏が居なくなって寂しくなったことなどが原因で、半年間食べれなかった高カロリーの食べ物を沢山食べたくなってしまい、もの凄い勢いで過食に走ってしまいました。

私は一人暮らしをしてから、宅配のピザや宅配のお寿司や宅配の中華料理を頼んで、沢山食べてしまうようになってしまったのです。

それから家の近くに24時間営業のスーパーマーケットがあったので、ほとんど毎日のようにそのスーパーマーケットに行って、お寿司やお総菜やカップラーメンやカップ焼きそばやパン、そしてチョコレートや飴などの甘いお菓子を大量に買って食べ続けていました。

そんなような悲惨な食事をしていたので、私はどんどん太っていき顔もパンパンになり体型もどんどん痩せ型から太り気味の体型になっていってしまいました。

私は本当にその頃は、彼氏が居なくてプライベードが充実していなかったので、だからその寂しさから食べ物を沢山食べてしまうようになってしまい、過食に走ってしまったんだと思います。

今思うと本当に悪夢のような食生活をしていたな~と思います。私はもう2度とこんなような悪夢のような食生活を送りたくない!と思っています。

今はダイエットをしていて、プライベートが充実していなくてストレスも溜まる日々ですが、自分に対して少し厳した食生活を送っているので、今のところは普通体型を保てています。